Browse Category: 新作アイテム

【新作受注情報】SUNVOLT「リラックマ」サイクルジャージ【リラックマ&キイロイトリ・フェイス Ver2.0】新作受注(4/末予定分)

画像:「リラックマ」サイクルジャージ【リラックマ・フェイス Ver2.0】【キイロイトリ・フェイス Ver2.0】

 

大人気のリラックマのサイクルウェアで
楽しくサイクリング♫

 

 
サンボルト株式会社発売の人気シリーズ「リラックマ」サイクルウェアの新作をご案内致します。。
今回受注の商品は、リラックマとキイロイトリの顔をフィーチャーしたサイクルジャージ【リラックマ・フェイス Ver2.0】【キイロイトリ・フェイス Ver2.0】です。リラックマと一緒に楽しくサイクリングしましょう。

 

続きを読む

[終了]【新作受注情報】「ゾンビランドサガ」サイクルウェアシリーズ新作受注(4/末予定分)

※本受注は終了しました

画像:「ゾンビランドサガ」サイクルウェアシリーズ

 

私たち、走りたい!
 

いつもの朝。いつもの音楽。いつもの自分。
7人の少女たちの安寧は、突如崩壊する。
死して蠢く、ゾンビによって……
 
否応なく踏み込んだ世界、そこは“最高×最悪のゾンビワールド”
少女たちの願いは、たった一つ。
「私たち、生きたい。」
これは、少女達が起こす奇跡の物語(サガ)

 

 
『ゾンビランドサガ』は、MAPPA(「ユーリ!!! on ICE」)、エイベックス・ピクチャーズ(「おそ松さん」)、Cygames(ウマ娘 プリティーダービー)の共同企画による「100%肉汁オリジナルアニメ」作品です。2018年10月から放送された本シリーズは、ゾンビとして生き返った少女たちがプロデューサーに導かれながら、佐賀県の認知度を上げる「ゾンビランドサガプロジェクト」のためご当地アイドルとして活動する物語を描き大反響を巻き起こしました。佐賀県が企画段階から全面協力し、ディープな地元感が描かれたことから、多くのファンが作品の舞台を探訪すべく佐賀を訪れる事でも話題となりました。

 

続きを読む

[終了]【新作+再受注】「エヴァンゲリオン」サイクルウェアシリーズ新作+再受注(4/上旬予定分)

※本受注は終了しました

画像:『エヴァンゲリオン』サイクルウェアシリーズ新作+再受注

 

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』西暦2020年公開。
ペダルを踏みしめカウントダウンに備えよう。

  
1995年にTVシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』でアニメファンのみならず、アーティストや学者までを巻き込んで社会現象を起こした初出から、実に25年――その間、常にエポックメイキングであり続けたエヴァの世界観を纏って走れる人気サイクルウェアシリーズに待望の新作登場です。

 

続きを読む

[終了]【新作受注情報】「荒野のコトブキ飛行隊」サイクルウェアシリーズ新作受注(4/末予定分)

※本受注は終了しました

画像:荒野のコトブキ飛行隊サイクルウェアシリーズ

 

銀輪部隊、一機入魂!

 

一面荒野が広がる世界、“イジツ”――。

ある日、世界の底が抜け、色々なものが降ってきた。中でも“ユーハング”がもたらしたものの影響は大きく、とりわけ飛行機の存在によって人々の生活は激変。以降、世界の潮流は空へと移っていった。

時は流れ――、空には商船とその用心棒、荒くれ者の空賊など、さまざまな人々が飛び交っていた。オウニ商会の雇われ用心棒“コトブキ飛行隊”は、空を飛ぶことが大好きな、女の子だけのスゴ腕パイロット集団。

彼女たちはお客様の大事な積み荷を守るため、今日も隼とともに大空を翔けてゆく。

 

続きを読む

[終了]【新作受注情報】「イングレス」サイクルウェアシリーズ新作受注(4/末予定分)

※本受注は終了しました

画像:「イングレス」サイクルウェアシリーズ

 

“エージェント”のためのサイクルウェア誕生。

 

2013年、スイスの原子核研究機構『CERN』──。
ヒッグス粒子発見の影で、ある秘密プロジェクトが発足した。そのプロジェクトの名前は『ナイアンティック計画』。その目的は人間の精神に干渉する未知の物質を研究することにあった。
『エキゾチック・マター(XM)』と呼ばれる事になるその物質は、古来より人々の精神・能力に感応し、人類の歴史にさえ大きな影響を与えてきたのだった。
世界各国の機関が、秘密裏にその研究に取り組んだ。XMは、人類の希望または脅威とされ、大国や巨大企業による争奪戦が巻き起こってゆく。
XMの力を受け入れ、人類の進化に利用しようとする『エンライテンド』。
XMを脅威と見なし、コントロールしようとする『レジスタンス』。
世界はふたつの陣営に別れ、今も争い続けている。この世界で起きている争いの背後には、XMの存在があったのだ。
そして、2018年──。
東京、そして世界を舞台に、XMをめぐる新たな戦いが幕をあける。アニメーション、オンライン位置情報ゲーム、そして現実がリンクする、かつて体験したことのない新たな「拡張現実エンターテインメント」が、始まる。

 

続きを読む